オメガ3系脂肪酸とは

こんばんは!
今日はオメガ3系脂肪酸についてお伝えしていきます。

オメガ3系脂肪酸の特徴としては、

1.必須脂肪酸
オメガ3系脂肪酸の代表的なものとして、α-リノレン酸があります。
このα-リノレン酸は人の体内で作ることのできない、必須脂肪酸のひとつです。

つまり、外部から摂取しなければならない脂肪酸になり、現代人に不足している脂質です。

2.酸化しやすい
デメリットとしては酸化しやすいです。
わかりやすくいうと熱に弱いです。

加熱調理用には向きません。
加熱調理をすると酸化し、本来の働きが失われてしまいます。

3.細胞膜を柔らかくする
細胞膜が柔らかくなると、透過性が良くなり、必要な栄養や酸素が細胞の中に入り、老廃物を排出するという働きがうまれます。

オメガ3系脂肪酸は、
青魚(イワシやアジなど)
種類(ナッツやアボカドなど)
亜麻仁油やえごま油などに多く含まれています。

池下施療院
名古屋市千種区池下1-4-15
川辺318ビル 6F
052-752-1165
ikeshitaseryouin@gmail.com

関連記事

  1. オメガ3とオメガ6の作用について

  2. 脂肪酸の5つの種類ご存知ですか?

  3. トランス脂肪酸はなぜ身体に悪いのか?

  4. ダイエットにもおすすめ!?コーヒーの効果

  5. 毎日の食事気をつけていますか?

  6. オメガ9の特徴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。