飽和脂肪酸について

こんばんは!
疲れて寝てました…

そして変な時間に起きるという、ダメなやつです。ブログ書いてストレッチして、しっかり寝て明日に備えます♪

今日は飽和脂肪酸についてお伝えしていきます。

飽和脂肪酸は肉、バター、乳製品、ココナッツオイルなどに含まれます。
上記に挙げたものをイメージしてください。
常温だと固まってませんか?
液体ではなく個体ですね。

つまり、体内に多量に摂取して血中に増えすぎると血液の粘調度が高まる…簡単に言うとドロドロになり、血流が滞りやすくなります。

さらに、血中LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値を上昇させ、中性脂肪を増加させるため、肥満や動脈硬化などの生活習慣病になりやすくなります。
また、心筋梗塞や脳梗塞にもなりやすくなります。

逆に摂取量が少ないと血管が脆くなり、脳出血などになりやすくなります。

飽和脂肪酸は食べ物から摂取しなくても体内で生成されます。ですが、少量でもリスクがあるので1日20g程度を目安に摂取していきましょう。

池下施療院
名古屋市千種区池下1-4-15
川辺318ビル 6F
052-752-1165
ikeshitaseryouin@gmail.com

関連記事

  1. トランス脂肪酸知ってますか?

  2. トランス脂肪酸はなぜ身体に悪いのか?

  3. オメガ3とオメガ6の作用について

  4. 脂肪酸の5つの種類ご存知ですか?

  5. オメガ3とオメガ6のバランス

  6. 鶏レバーカレーを作りました♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。